安全なマンション管理会社はここを見て判断しよう

良いマンションの管理会社の見極め方についてお教えします。始めに、その管理会社がどんなサービスや価値を提供しているのかということです。サービスが住んでいる人のニーズに合っている管理会社が良い管理会社であると言えます。管理会社ごとに求めているニーズが違っているため、自分たちのこだわるポイントで管理会社を選ぶことをお勧めします。例えば、管理委託費は、他の管理会社に比べて安いかどうかやフロントマンが理事会に出席するのかどうかとかフロントマンがどのくらい管理組合を担当するかなどということです。さらに、修繕についてもあらかじめよく確認してみましょう。長期修繕計画がどうなっているかも管理会社を選ぶ重要なポイントになります。また、一級建築士が関わって行われるのかどうかなども検討してみましょう。

信頼できるマンションの管理会社とは?

マンションの管理会社というのは、快適に住人が暮らすために、建物や設備を安全な状態に保ったり、マンションの価値を維持するために行われるものです。信頼できるマンションの管理会社は、駐輪場や駐車場、廊下やエレベータホールをいつも清潔な状態に保ち、廊下やホールの電球を変えたりするのを滞りなく行ってくれます。マンションの居住場所のリフォームを行う時は、一戸建てと違い、どのような業者がどうやって工事を行うのか手続きや調整が必要です。また、業者の受付等の対応業務も行わなければならず、人の手を煩わせること無しに、これも管理会社が対応します。マンションは、広い意味で消耗品です。そこで、設備のメンテナンスや点検、取り替えを行わなければいけません。快適な毎日の暮らしから、将来のマンション維持や管理、そしてサポートをするのが信頼できる管理会社と言えます。

マンションの管理会社でとにかく安いのは、独立系の管理会社

マンションの管理会社には独立系とデベロッパー系があります。マンションの売主の大手デベロッパーである企業がデベロッパー系の管理会社と呼ばれています。一方、独立系とは、デベロッパー系とは違って、ビルやマンション管理を専門とする企業のことを指しています。デベロッパー系は、大手グループ企業ならではの安心感があるし、独立系は、管理費用を安く抑えるための企業努力や工夫があるのが特徴です。そして、とにかく費用を安くすませたいという場合は独立系の管理会社がお勧めです。そんな独立系の管理会社の特徴といえば、親会社からどんどん仕事が回ってきて忙しいデベロッパー系の管理会社とは違って、企業努力と営業力で契約を得るので、他社よりも少しでも安くなるよう管理委託費用を抑えているのが最も大きなメリットになります。