圧着ハガキのメリットをご紹介します

皆さん、圧着ハガキは使用されたことはありますか。そもそも圧着ハガキという名称を聞いてもピンとこない人は多いかもしれません。圧着ハガキとは、簡単にいうと折り畳まれている郵便物です。一見、普通のハガキなのですが、折り畳まれている部分は特殊な糊で貼り付けられています。折り畳まれた部分を剥がすのはとても簡単です。圧着ハガキは主にダイレクトメールなどに使われています。ハガキで広告が届いた時に無意識にハガキを捲っていませんか。それが圧着ハガキなのです。これを聞けば名前に馴染みがなくともグッと近くなったように感じられるのではないでしょうか。誰もが圧着ハガキに触れていると思います。実はこの圧着ハガキはかなりの優れ物なのです。今回は普段よく触れているのに名称に馴染みのない圧着ハガキの魅力について紹介します。

圧着ハガキはコストを抑えてくれます。

圧着ハガキを使うことには様々なメリットがあります。まず、ハガキをコンパクトに使えることです。ダイレクトメールではなるべく多くの人にコストをかけずに多くのことを宣伝したいものです。ハガキだと伝えたい内容が入りきらない、でも封筒を使うと封筒分のコストも増えますし、何より送料が上がってしまいます。そんな時に圧着ハガキが活躍します。圧着ハガキでは大体ハガキ2~3枚分の量を使えます。そのため、通常のハガキを使うよりもかなり内容を盛り込んで送ることができます。また、圧着ハガキを使えばハガキ一枚分の料金で済ませられるのでコストを抑えることができます。それに加え、通常のダイレクトメールよりも圧着ハガキのほうが捲るときのわくわく感があるということで内容に目を通してもらえる確率も高くなります。

圧着ハガキは個人情報も守ります。

圧着ハガキは、ダイレクトメールだけでその価値を発揮している訳ではありません。コストを抑えるだけではなく、プライバシーを守ることにも大いに活用されています。契約内容の変更の通知や口座番号、請求書の案内など配送中に他人に見られては困る内容の郵送物もあります。圧着ハガキを使えば、受取人がハガキを開くまでは誰にも見られずに通知をすることができます。受取人としても捲るまでは誰にも見られていないという安心感が生まれますよね。圧着ハガキは送料などといったコストを抑えつつ、確実に相手のプライバシーを守ることもでき、相手との信頼関係の維持にも大いに役立っています。普段何気なく触れているものの、今いちピンと来ない圧着ハガキですが、このように大いに私たちの生活に役立っているのです。