マンション探しの前に知っておきたい管理会社の真実

マンション探しの際には、物件の間取りや、家賃、立地条件など目に見える条件で選び始めると思います。それらは毎日の生活に直接的に影響を与えるので、優先的に検討の対象にすることは間違いではないです。しかしながら、実際に引っ越し後の生活が始まった場合には、そのマンションの管理会社の良し悪しが、少しずつ日常生活の満足感に影響します。入居すると必ず必要になるマンションの管理費がいかに適切に住民の為に使用されているか、住民目線でのサービスが実行されているかなど、マンションの管理を行う会社の仕事ぶりも確認することが、快適な生活につながります。住民にとって、不便や不満を訴えた時に、いかに迅速に問題を解決してくれるか、丁寧な対応をしてくれるかということが重要になりますし、長い目で見た時には、専有部分に対する改善の提案がなされたり、サポート体制が万全であれば安心感が得られます。

マンション管理会社のサポート体制とは

マンションを管理する会社の仕事は様々あります。マンションオーナーにとってメリットのある役割と、住民にとってメリットのある役割の両方を担っています。マンション管理会社の良し悪しは、オーナーと住民の両者に対してのサポート体制がどうであるかということにかかっています。オーナーにとって望ましいサポート体制とは、資産管理やマンションという建築物に対する専門的な分野におけるサポートが挙げられます。いずれ老朽化が始まった時に、修繕が必要になるタイミングを提案できるのは専門家を在籍させるマンション管理会社ならではの強みです。その他、住民の管理組合からの要望を受け付けたり、役員会運営をサポートするなどという煩雑な業務を一手に引き受けてくれることは、オーナーにとってのマンション運営の負担を大きく軽減します。

住民にとって、良心的なマンション管理会社とは

では、住民にとって良心的で信頼できるマンションの管理会社とはどのようなサポートをしてくれる会社なのでしょうか。まずは、要望を伝えた時に迅速に対応してくれ、結果の報告まで誠実にやり遂げてくれること、マンションの共有スペースを快適な状態に整えてくれることなどが挙げられます。また、住民で組織される管理組合の運営のサポートも大切な役割です。役員会の準備や運営、議事録の作成まで引き受けてくれれば住民の負担がかなり軽減されます。管理組合とオーナーのコミュニケーションが円滑にできるよう配慮することも大切な役割です。このように、マンション管理会社に課された役割は多岐に渡りますが、住民の管理会社への満足感がオーナーを含むマンション全体への満足感につながるので、マンション運営全体にとって管理を行う会社が果たす役割はとても大きいものであると言えます。