あまり知らない圧着ハガキの特徴をお伝えします

個人情報の取り扱いについて問題視されることが多くなった近年において、郵便物における個人情報の漏洩を防ぐこともまた重要.であるといます。郵便物において機密性が高いのが圧着ハガキです。圧着ハガキと聞くとその聞きなれない言葉から、どんなハガキなのか想像することができないという人も多いでしょう。しかし圧着ハガキは誰もが一度は手にしたことのあるハガキで、表面に特殊な塗料がコーティングされており、さらに一定の圧をかけることで紙同士を張り合わせることができるハガキです。銀行からの通知や、カード会社からの明細などあらゆる場面で圧着ハガキが活用されています。圧着ハガキは紙同士を張り合わせられるだけでなく、簡単に開封ができることや、また一度開封したものは張り合わせることができないため、途中で開封されたがどうかが一目でわかることが特徴です。

意外と知られていない圧着ハガキの種類とは

圧着ハガキには実は種類があります。それぞれの特徴を理解することで、活用方法が広がるため、種類を知っておくことをおすすめします。まず圧着ハガキの1つにはフィルム圧着方式があります。これは特殊なフィルムを使い、圧着させているはがきです。最大の特徴はフィルムが使われているためラミネート加工に似ており、印刷がきれいであるという点です。そのため写真等を印刷したい場合はこの方式がおすすめです。しかしながら接着の力はそれほど強くないため、機密性の高い情報の場合は別の圧着はがきがおすすめです。次にUVニス圧着方式はこちらも光沢はでますがフィルムを使用せず機械で圧着させるため大量生産がしやすく、低コストで作成することができます。先糊圧着は印刷前にのりを塗布し機械で圧着します。接着する力が強く低コストで作成できるため多く使われていますが、写真等の印刷には不向きであるといえます。

圧着ハガキの特長やメリットとは

圧着ハガキは紙同士が張り合わされており、張り合わせた内側に情報が記載されています。それを開封することで、受け取った人が情報を見ることができるハガキです。圧着ハガキのメリットは、張り合わせた内側に情報を記載することができるため、受け取る人以外は中の情報を見ることができず、機密性が高いという点です。また、だれでも簡単に開封することができるという点もメリットの一つであると言えます。キリトリ線等で開封することができるハガキもありますが、圧着ハガキは開封に道具やコツもいらず、数秒で開けることができるため、大多数の人が開封に煩わしさを感じることがありません。また開封する紙の大きさが広がるため通常のハガキよりも多くの情報を記載することができるという点も大きなメリットであると言えます。